コラム執筆イメージ 「万人を魅了する千年企業を目指す!」 ~今週のコラム~

ノートと万年筆

大阪に西暦578年に創業して1440年以上存続している金剛組という世界最古の千年企業があります(我が国には創業千年超えの企業が他にも8社現存しています)。万人を魅了し続けてきたからこその偉業ともいえます。

この不確実な世の中だからこそ、中小企業経営者には、頑なに変えない部分と自由自在に変えていく部分の両面を持ちながら経営に取り組む。そして、万人を魅了し千年続くような企業を目指してほしいと願っています。

そのような経営者の気付きやヒントになればと願いつづった専門コラムです。ぜひご活用ください。(毎週火曜日更新)

最新コラム

バックナンバー

第76話 社員の適材適所を見つけようとしているつもりが、実は決めつけになる場合がある。それは会社の成長鈍化に繋がる。

もう師走の12月に入ったのか、と思っていたら、残すところあと1週間。早いものです。 経営者の皆さんが時の早さを実感しているのはもちろんですが、この時期は特に大学受験生が、「光陰矢の如し」を嫌というほど味わっているので…

詳細はこちら

第70話 「守ること」は守ることにならない。

聞く側としては耳を疑うようなことが、途切れることなく起きています。 具体的には、「組織ぐるみでの不正」です。 全て挙げようとしたらキリがない(このこと自体、頭を抱えたくなりますが)ので、一つだけ挙げます。 それは、高…

詳細はこちら

第69話 自ら受難を呼び込もうとしている金融機関もある。企業経営者として選別力をさらに高めるべき時代が到来している。

私は仕事がら、融資の専門家が集うコミュニティに所属しています。 そのコミュニティのメンバーは本気で企業と金融機関の仲を取り持ち、企業が融資を受け易くなる様に、かつ、金融機関が融資をし易くなる様に、専門家だからこそのサ…

詳細はこちら